資格・就職・独立、あなたの好きを仕事に!ビジネスの総合専門学校



TOP >
募集要項 >
学費サポート制度

学費サポート制度

日本学生支援機構学費サポート制度


第一種奨学金 第二種奨学金
申込(出願)資格
(1)[1][2]の学力基準のいずれかに該当すること
[1]高等学校又は専修学校高等課程の2年次から3年次の成績が3.5以上
[2]高等学校卒業程度認定試験合格者
(2)経済的に修学が困難であること。
(3)日本学生支援機構の定める収入基準以内であること。

家計の目安は4人世帯(自宅通学で)
給与所得者 747万円以内
給与所得者以外の所得者 349万円以内
(1)[1]~[4]の学力基準のいずれかに該当すること
[1]高等学校における成績が平均水準以上の者。
[2]特定分野において、特に優れた資質があると認められる者。
[3]学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者。
[4]高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる者。
(2)経済的に修学が困難があること。
(3)日本学生支援機構の定める収入基準以内であること。

家計の目安は4人世帯(自宅通学で)
給与所得 1,100万円以内
給与所得者以外の所得者 692万円以内
貸与月額 自宅通学 53,000円/自宅外通学 60,000円/共通30,000円
※平成26年度例
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から月額を選択できます
※平成28年度例
利率 無利息 在学中は無利息、卒業後は年3%を上限とする利息がつきます。
返済期間 貸与終了6ヶ月後、概ね9年~16年(貸与総額によって異なる)
申込方法 入学後に本校にて、奨学金貸与説明会を行いますので、説明会にご参加ください。
詳しい日程につきましては、学内掲示及びオリエンテーション時にご連絡いたします。
※採用に関しまして日本学生支援機構の審査があります。
「予約採用」日本学生支援機構奨学金の申込期間は本校入学後となっていますが、入学前に申し込みができる「予約採用」制度もあります。
詳しくは在学する高校の奨学金窓口にお問い合わせください。

東京都育英資金学費サポート制度

申込(出願)資格 (1)本人と保護者の住所が東京都内であること。
(2)勉学意欲があり、経済的な理由により修学が困難であること。
(3)同種の奨学金等を他から借り受けていないこと。
(4)同一学種等で、過去に東京都育英資金を借りていないこと。
(5)連帯保証人(申請時1名、貸付終了時1名追加)2名が立てられること。
(6)日本国籍がない場合は、在留資格が「法定特別永住者」「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」のいずれかであること。
(7)返済期間の末日に、満65歳を超えないこと。
貸与月額 53,000円(自宅通学で)※平成27年度例
利息 無利息(ただし、期限までに返済されなかったときには、違約金が加算されることがあります)
返済期間 貸与終了後、6ヵ月間の据置期間終了後、最長返還期間内に返還(貸付総額により最長返還期間が変わります)
  • ※採用については東京都育英資金の審査があります。
  • ※東京都以外にも、各地域で奨学金制度を設けている場合があります。居住地の役所へ直接お問い合せください。

日本政策金融公庫「国の教育ローン」

対象

★ご利用いただける方★ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、次の1または2の方

1.世帯の年間収入(所得)が次表の金額以内の方

子供の人数 給与所得者(事業所得者)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
4人 1,090万円(860万円)
5人 1,190万円(960万円)
(注)
1「子供の人数」とは、お申込いただく方が扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
2「6人以上」の場合は、コールセンターへお問い合わせください。

2.次の特例要件のいずれかに該当する方
世帯の年間収入(所得)が990万円(770万円)以内であって、次の特例要件のいずれかに該当する方

【特例要件(一部)】
  • (1)勤続(営業)年数が3年未満
  • (2)居住年数が1年未満
  • (3)返済負担率(借入申込人の「借入金年間返済額÷年収」の割合)が30%超
融資額 学生・生徒お1人につき 350万円以内
返済期間 15年以内(交通遺児家庭または母子家庭、父子家庭または世帯収入(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)
元金据置期間 在学期間内(在学期間内は利息のみのご返済とすることができます。元金据置期間はご返済期間に含まれます。)
利率 年1.90%(平成28年7月現在)※母子家庭、父子家庭または世帯収入(所得)200万円(122万円)以内の方は年1.65%
保証 (公財)教育資金融資保証基金(連帯保証人による保証も可能)
お使いみち 今後1年間に必要となる次の費用
学校納付金(入学金、授業料等)、受験費用(受験料、交通費等)、入学のための住居費用(敷金、家賃等)、教科書代、通学費用、学生の国民年金保険料など
お問い合わせ

ご返済額の目安(利率2.05%の場合)

下記は全て平成28年1月現在
/母子家庭、父子家庭または世帯収入(所得)200万円(122万円)以内の方は年1.50%

ご融資額 ご返済期間 毎月のご返済額
300万円 5年(59回払い) 53,300円
10年(119回払い) 27,700円
15年(179回払い) 19,300円
200万円 5年(59回払い) 35,600円
10年(119回払い) 18,500円
15年(179回払い) 12,900円
100万円 5年(59回払い) 17,800円
10年(119回払い) 9,300円
15年(179回払い) 6,500円

※上の表のご返済額には、保証料は含まれておりません。

保証料の目安(ご融資額100万円あたり)

ご融資額 ご返済期間 毎月のご返済額
100万円 5年 26,035円
10年 51,652円
15年 77,686円
  • ※ ご融資額やご返済期間などに応じた保証料をご融資基金から一括して差し引かせていただきます。
  • ※ 交通遺児家庭、母子家庭または父子家庭の方の保証料は、上の表の2/3の金額となります。
  • ※ 元金のご返済額を24ヶ月以上据置する場合は保証料が増額されます(1ヶ月未満は1ヶ月として計算します)。

民間金融機関教育ローン

提携企業 株式会社オリエントコーポレーション

対象 ・入学生及び在学生の保護者
・オリエントコーポレーションの承認を受けられる方
融資額 学費相当額(学費納入時期ごとに利用可)
利率 年率(固定)4.0%(平成28年1月現在)
返済期間 返済方法による
据置期間 在学期間以内
保証人 原則不要
返済方法 元利定額リボルビング払い・ボーナス時増額返済併用可
お問い合わせ オリコ学費サポートデスク TEL0120-517-325
お申込み [安心便利なお支払プラン]学費サポートプラン

提携企業 株式会社ジャックス

対象 ・入学生及び在学生の保護者
・株式会社ジャックスの承認を受けられる方
融資額 学費相当額(学費納入時期ごとに利用可)
利率 年率(固定)4.0%(平成28年1月現在)
返済期間 返済方法による
据置期間 在学期間以内
保証人 原則不要
返済方法 毎月元利均等返済・ボーナス時増額返済併用可
お問い合わせ 株式会社ジャックスコンシュマーデスク TEL0120-338-817

その他の金融機関

  • ●中央労働金庫…0120-86-6956
  • ●三菱東京UFJ銀行…0120-86-0777
  • ●みずほ銀行…0120-32-4286
  • ●三井住友銀行…0120-923-923
  • ●りそな銀行…0120-25-8156

左記以外にも、都市・地方・信託銀行および信用金庫の教育ローンをご利用いただけます。各金融機関によって融資対象や内容、返済方法が異なりますので、詳細については各金融機関にお問い合せください。

※各種奨学金制度、教育ローン取扱機関掲載内容は、平成28年1月20日現在のものです。貸与・融資額・年率等は変更となる場合がありますので、ご検討の際は各機関までお問い合せください。

新聞奨学生の提携・協力新聞社

新聞奨学生制度

新聞奨学生制度とは働きながら学ぼうとする学生のための制度です。宿舎や食事も販売所で用意され、学費・生活費を自分でまかなうことができますが、早朝勤務のため体力と強い意志が求められます。
2年間新聞奨学生を続ける事により、社会的な評価も受けられ、就職活動も有利となります。

提携・協力新聞社

各新聞社により条件等が異なります。下記フリーダイヤルから資料の請求を行ってください。

  • ●朝日奨学会…0120-12-7733
  • ●毎日奨学会…0120-098-098
  • ●東京新聞奨学会…0120-18-3751
  • ●読売育英奨学会…0120-430-116
  • ●産経新聞奨学会…0120-033-933
  • ●日本経済育英奨学会…0120-00-5725

お申込の前に

本校では新聞奨学生に対し、授業・配達業務それぞれに支障がないよう配慮を行いますが、一部授業に制限がある場合があります。新聞奨学生を検討される方は、お申込み前に必ず本校入学相談室までご相談ください。
カリキュラムの関係上

  • ペットビジネス学科
  • ペットビジネス総合学科

に出願の方は、新聞奨学生制度を利用できません。

※上記以外にも長期研修等を行う学科につきましては、新聞奨学生制度を利用できないことがございます。詳しくは本校までご相談ください。

申込手続・申込書類

左記奨学会の資料をご参照ください。
※本校出願時は、入学願書の「新聞奨学会利用の方」希望欄に記入してください。